岡本太郎記念館

特別講座(※予約制)

企画展「太陽の芸術ー岡本太郎のパブリックアートー」会期中に、キューレーターによる特別講座を行います。

特別講座「芸術と社会の接点ー岡本太郎のパブリックアートー」
講師:大杉浩司(川崎市岡本太郎美術館学芸員/岡本太郎記念館客員研究員)

日にち:2019年3月9日(土)
時間:19:00スタート(18:45開場/20:30頃閉館予定)

参加費:入館料のみ
会場:岡本太郎記念館


予約受付(先着順)
※観覧ご希望の方は、必要事項をご記入の上、下記の受付期間に yoyaku@taro-okamoto.or.jpまでメールにてお申し込み下さい。
(携帯メールからメールをお送り頂く場合は、こちらからの返信が受け取れるよう@taro-okamoto.or.jpの指定受信設定をお願い致します。)

・TARO PASSPORT会員 優先受付:2019年2月18日(月)〜
・一般受付:2019年2月22日(金)〜

[必要事項]
  • ・TARO PASSPORT会員:お名前、パスポート番号、特別講座申込とご記入ください。(ご本人様のみ優先受付)
  • ・一般のお客様:お名前、人数(2名まで)、特別講座申込とご記入下さい。

※定員に達し次第受付終了致します。

《お 問 合 せ》
岡本太郎記念館
東京都港区南青山6-1-19
TEL:03-3406-0801/FAX:03-3409-5404

キュレーターによるギャラリートーク(※予約不要)

企画展「太陽の芸術ー岡本太郎のパブリックアートー」会期中に、キューレーターによるギャラリートークを行います。

解説:大杉浩司(川崎市岡本太郎美術館学芸員/岡本太郎記念館客員研究員)
日時:
  • 3月9日(土)14:00~
  • 3月23日(土)14:00~
  • ※予約不要。1時間程のご案内になります。
  •  参加多数の場合は先着順とさせていただきます。

※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

アーティストトーク(※予約制)

出演:弓指寛治(岡本太郎現代芸術賞 2018年岡本敏子賞)

日にち:2019年2月21日(木)
時間:19:00スタート(18:45開場/20:30頃閉館予定)

参加費:入館料のみ
会場:岡本太郎記念館

予約受付(先着順)
TARO PASSPORT会員 優先受付:2019年2月4日(月)〜
一般受付:2019年2月7日(木)〜
※観覧ご希望の方は、お名前(TARO PASSPORT会員の方はパスポート番号もお知らせ下さい)、人数(2名まで)、アーティストトーク申込とご記入の上、 yoyaku@taro-okamoto.or.jpまでメールにてお申し込み下さい。(携帯メールからメールをお送り頂く場合は、こちらからの返信が受け取れるよう@taro-okamoto.or.jpの指定受信設定をお願い致します。)

※定員に達し次第受付終了致します。

《お 問 合 せ》
岡本太郎記念館
東京都港区南青山6-1-19
TEL:03-3406-0801/FAX:03-3409-5404

スペシャルライブ(※予約制)

企画展「瞬間瞬間に生きるー岡本太郎とジャズー」を記念して展示室内でスペシャルライブを行います(全5回)。登場するのはいずれもジャズシーンの第一線で活躍するトップミュージシャン。アートとジャズのコラボレーションをどうぞお楽しみください。ジャズの初心者大歓迎です。

片岡雄三(tb)&楠井五月(b)デュオ

日にち:2019年2月17日(日)→終了いたしました
時間:19:00スタート(18:45開場)

観覧料:入館料のみ(大人620円)
会場:岡本太郎記念館

※10月25日(出演:片倉真由子)→終了しました
※11月16日(出演:市原ひかり&松尾由堂)→終了しました
※12月21日(出演:須川崇志)→終了しました
※1月25日(出演:井上&塩田哲嗣)→終了しました

終了したイベントのレポートは「過去のイベント」ページからご覧いただけます
過去のイベントはこちら

スペシャルイベント

さまざまな分野で活躍するジャズ好きの面々がジャズの魅力を語ります。

【スペシャル“店番”】(※予約不要)
トークをしたりレコードをかけたり…。一日限りの“店番”が登場します。

日時:
  • 10月27日(土)14:00〜17:00 平野暁臣(当館館長)→終了しました
  • 11月10日(土)14:00〜17:00 行達也(タワーレコード レーベル事業部長)→終了しました
  • 12月8日(土)14:00〜17:00 平野暁臣(当館館長)→終了しました

観覧料:入館料のみ(大人620円)
会場:岡本太郎記念館

行達也(ゆき たつや): タワーレコードレーベル事業部長。 タワーレコード入社後、心斎橋店で邦楽バイヤー、新宿店でインディーズを担当。 2002年、同志と共にオムニバスCDシリーズ『喫茶ロック』をスタートさせる。レコード会社各社より約2年に渡ってリリースを続け、全部で約15タイトルとソニー・マガジンズ社よりムック本を発売した。 2004年、下北沢にmona records(モナレコード)をオープン。カフェ&ライヴハウス&CDショップという、それまでになかった店のスタイルで好評を博す。 2015年、タワーレコードに復帰。現在、レーベル事業部にて、原盤制作とリリースに従事。 並行して“保坂ねこ”名義で作詞・作曲活動を行う。著書に『葉っぱカタログ』(原田奈々と共著/mille books 2009)。
【スペシャルトーク】(※予約制)
テーマ:「ジャズの魅力って、なんだろう?」
出 演:塙耕記(diskunionジャズ部門リーダー)×平野暁臣(当館館長)


日にち:2018年11月8日(木)→終了しました
※レポートはPLAY TAROサイトをご覧ください。
PLAYTAROはこちら

塙耕記(はなわ こうき): ディスクユニオンのジャズ部門リーダーおよびCRAFTMAN RECORDS、THINK! RECORDSプロデューサー。 2006年にスタートさせた『昭和ジャズ復刻シリーズ』が大ヒットとなり、和ジャズ・ブームの仕掛け人として有名。また、2011年から3年間続いた『BLUE NOTEプレミアム復刻シリーズ』が国内LP生産量に大きな影響を与え、昨今のアナログ盤ブームの火付け役として知られている。 CD・LP制作時のこだわりのアートワークはアーティストとユーザー双方から支持され、メジャー・レーベル作品の監修も多く手掛ける。また、ジャズのみならず、原田知世やザ・コレクターズなどのJPOPのアナログ盤も多数手掛けている。 著書に『和ジャズ・ディスク・ガイド』(リットーミュージック 2009)。

ギャラリートーク(※予約不要)

館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていきます。

日時:
  • 1月17日(木)14:00~
  • 2月21日(木)14:00~
  • 4月18日(木)14:00~
  • 5月16日(木)14:00~
  • 6月13日(木)14:00~

※予約不要。15分程のご案内になります。
※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

インターネット特別割引券

Taro Okamoto Memorial Museum