岡本太郎記念館

『太陽の塔に対峙せよ!』

展示期間:2015年10月28日〜2016年2月28日

この世界一の大屋根を生かしてやろう。そう思いながら、壮大な水平線構想の模型を見ていると、どうしてもこいつをボカン!と打ち破りたい衝動がむらむら湧きおこる。優雅におさまっている大屋根の平面に、ベラボーなものを対決させる。

 太陽の塔は、展示物として美術館を渡り歩く〝フツーの彫刻〟ではありません。
 高さ70mの圧倒的存在感、内部に擁する濃密な展示空間、建築と同様の建立プロセスなど、あらゆる点で彫刻の常識から外れていますが、いちばんの違いは〝相手がいた〟ことでしょう。
 先にリングに上がっていたのは《大屋根》でした。
 岡本太郎がテーマ館の構想を練りはじめたとき、すでに大屋根が万博の主役としてラインナップされていました。空中都市のひな形である大屋根は、万博の思想を体現するモダニズムの極致。太郎はこれを打ち破る「対極」を投げ入れることで、万博を覆う楽観的な未来主義に風穴を開けようとします。
 それから半世紀。大屋根に〝対峙するもの〟として構想された太陽の塔は、ひとりでリングに立っています。ならば逆に、いま太陽の塔に対峙する建築・空間があり得るとしたら、それはいったいどのようなものなのか。若い才能に訊いてみたいと思いました。
 幸い、実施したアイデアコンペには150点の応募作品が集まり、審査員に五十嵐太郎、椹木野衣、藤本壮介という最高のメンバーを迎えることができました。
 本展では入選作をご覧いただくとともに、11月末にこの中から公開審査で最優秀賞を選びます。太陽の塔との真剣勝負、どうぞお楽しみください。

アイデアコンペ「太陽の塔に対峙せよ!」詳細はこちら

「岡本太郎の『樹』」

展示期間:2015年6月17日〜10月25日

木を私はいつでも石の対立物として考えている。
ここに無機と有機、死と生の世界が、静かだが、しかし執拗な戦いをくりひろげている。
石は噛み、植物は生成しつつ石をくつがえしつづける。破壊と充実と、均衡と滅亡と、慰撫と恐怖と。


岡本太郎は『樹』に大いなる共感をもっていました。天にのびゆくその姿に生命力のダイナミズムを見ていたか らです。若々しくひろがっていくさまに人間のあるべき姿を重ね、人が天と交流する回路であるとも考えていました。
岡本作品に頻繁に樹が登場するのはそのためです。

単細胞からヒトまでが一本の樹に宿る《生命の樹》、いきいきと躍動する不思議な生命体《樹人》、こどもたちの多彩な表情が四方八方にのびていく《こどもの樹》、原始の呪力が生々しく投影された《樹霊》、無数の眼玉がたわわに実る《眼の樹》、生と死が対峙し闘う《石と樹》…。

 “いのち”を描きつづけた岡本太郎にとって、樹はなくてはならない重要なモチーフでした。この展覧会では太郎がくりかえし描いたさまざまな『樹』を見ていきます。

『岡本太郎の「生命体」』

展示期間:2015年2月18日~2015年6月14日

《生命の樹》は全体がひとつの“生命体”なんだ。

太陽の塔を構想したとき、岡本太郎はその胎内に“生命体”を内蔵させようと考えました。
アメーバから人間にいたる、すべてのいきものが一体となって組織するひとつの生命体。
それが《生命の樹》です。
それは動脈となり、リンパの流れとなって太陽の塔に生命(いのち)を吹きこんでいたのです。

岡本太郎が《生命の樹》で表そうとしたのは、生きとし生けるものを根源で支える“生命(いのち)のエネルギー ”でした。 そしてそれこそが、岡本芸術の根底に流れるテーマだったように思います。
パリの街角、盛られた果物、横たわる裸婦、…。同世代の洋画家たちが好んで描いた画題を、太郎は一枚も描いて いません。 彼が描きつづけたのは生命(いのち)であり、そこに宿るエネルギーの強さと尊さでした。

本展では、太郎が描いた生命(いのち)の数々をご覧いただきます。
ときに激しく、ときにユーモラスに語りかけてくる<いきもの>たちをどうぞお楽しみください。

※本展会期中には、第17回岡本太郎現代芸術賞で太郎賞を受賞したキュンチョメと、敏子賞を受賞したサエボーグの特別展示も行ないました。

『岡本太郎の言葉』

展示期間:2014年10月1日~2015年2月15日

岡本太郎は生涯にわたっておびただしい数の著作や文章を残した。
太郎ほど言葉に情熱を傾けた芸術家はほかにちょっといないだろう。
伝統、文化、縄文、沖縄、メキシコ、スキー、男女の機微…。

まじめな芸術論から軽妙なエッセイまで、テーマもジャンルもじつに多彩だが、いずれも最後はひとつの命題に行き着く。
〝どう生きるか″だ。

己れをつらぬけ、平気で闘え、自分のスジをまもれ、マイナスに賭けろ…。
太郎は〝どう生きるか″を公言し続けた。むろん理屈や評論ではない。
ひたすら「オレはこうする」と言うだけだ。

太郎のすごいところは、言ったことをすべてそのままやってみせたこと。
自らの信ずる生き方を駆け引きなしで世間にさらし、それをそのまま自分の人生を賭けて実践した。
思ったことは言う。言ったことはやる。愚直なまでの言動一致。
そこがカッコいい。だから説得力がちがう。

いまも太郎の言葉がぼくたちの胸にまっすぐ届くのは、太郎がほんとうのことしか言わなかったからだ。
頭にあるのはものごとの本質、根源、原点だけ。
打算や保険がまぶされていない純度の高さは尋常ではないし、揺るぎない信念には比類のない強度がある。
太郎の言葉にはウソがない。小賢しい計算がない。
無責任な曖昧さがない。だから強い。

そんな太郎の言葉たちに包まれる体験をしてみたい。
そう考えてこの展覧会をつくった。

人間、だれでも、生きている以上はつらぬくべきスジがある。
岡本太郎はそう言った。次はぼくたちの番だ。

『岡本太郎の眼玉』

展示期間:2014年7月2日~2014年9月28日

顔は宇宙だ。
眼は存在が宇宙と合体する穴だ。


岡本太郎は静物や富士山を描きませんでした。
描いたのは〝いのち〟です。
だから多くの作品には顔があります。
ことに晩年は顔しか描きませんでした。
顔といってもほとんど眼だけ。
生命力をたぎらせたギョロっとした眼です。
人生の最後に、太郎はひたすら眼だけを描きつづけたのです。
それらはいずれもたいそう荒っぽく、未完成で、お世辞にも代表作とは言えません。
おそらくうまく描こうとか、完成度の高い作品をつくろうなどとは考えていなかったでしょう。それどころか、他人に見せることさえ想定していなかったかもしれません。
なぜ太郎は、芸術家人生の総仕上げのときに、まるでこどものような絵を描きつづけたのか、しかもなぜそれは眼でなければならなかったのか。
〝宇宙と合体する穴〟に囲まれながら、それを考えてみたい。それが本展の動機です。
絵画作品から土産物まで「岡本太郎の目玉」と存分に触れあってください。

『創造のゆりかご 岡本太郎のアトリエ』

展示期間:2014年3月15日~2014年6月30日

1954年、岡本太郎は幼少期を両親と過ごした南青山に念願のアトリエを構えます。新たな芸術運動の拠点にしたいとの思いからこの場所を現代芸術研究所と名づけ、 パリで体得した20世紀芸術の精神を日本に伝えようとしました。
設計を依頼したのはパリ時代の盟友・坂倉準三。ル・コルビュジェのもとで建築を学んだ日本を代表する建築家で、現場はコルビュジェ最後の弟子・村田豊が担当しました。乏しい予算のなかで、ふたりは岡本太郎にふさわしい独創的な建築を仕上げます。
アトリエの完成は太郎の創作領域を一気に広げました。それまで絵画を描くだけだった太郎は、この建築に触発されるように、壁画、彫刻、陶芸、プロダクト、グラフィック、写真など、新しい表現ジャンルを次々と開拓していきます。
1996年に亡くなるまで、太郎はここを離れませんでした。太陽の塔、明日の神話、こどもの樹…、すべてここで生まれました。この場所こそが岡本芸術のゆりかごなのです。
本展ではアトリエ建設とその後の創作活動を象徴する作品を展示します。あわせてTARO空間を体感できるコーナーも設けました。どうぞお楽しみください。

『花妖 ~ 岡本太郎の挿し絵』

展示期間:2013年7月31日~2013年12月27日

岡本太郎と聞けば真っ先に『太陽の塔』や『明日の神話』などの大作が脳裏に浮かびますが、じつは本の装丁や小説の挿し絵などの小さな仕事もたくさん残しています。とりわけ戦後まもなくの頃に多く、対象も書籍、新聞、雑誌と多岐にわたっていました。中国での捕虜生活から戻り、無一文でスタートした太郎にとって、そうした仕事は生きていく糧でもあったのです。
 1946年6月に復員した太郎は、この年の11月頃にようやく上野毛にアトリエを構え、日本での創作活動をはじめます。その直後の1947年2月からはじまった新聞の連載小説のために太郎は挿し絵を描きました。坂口安吾が東京新聞に連載した「花妖(かよう)」です。連載は1947年5月に58回で中断したまま終わってしまうのですが、太郎が描いた58枚の挿し絵はいずれも坂口作品にふさわしい緊張感ある独創的なものです。
 本展では現存する「花妖」挿し絵54点を初公開します。昨年当財団が入手したもので、長らく行方知れずになっていました。まとまった形で岡本太郎の挿し絵の世界を見ることができるはじめての機会です。いつもの太郎とは少し違いますが、まぎれもなくこれも岡本太郎です。どうぞお楽しみください。

『P A V I L I O N』

展示期間:2013年3月30日~2013年7月28日

僕たちは太郎も敏子も見たことがない
その事実を行き来すべく
生の香りたつ思い出の家と
ゴミのように死を埋めたてた安息の墓場を
往復し続けてきた

両方に散らばる余計なもの全て
拾い上げては捨てていくために

それらが現代を汚す
しかし言葉を生み出すモチベーションのような
頷きたい人には社会問題のような
つまり芸術の糧であったとは思いもよらず

だからその全てを殺すなと言いたい
核や廃棄物や色や神話や忘却や世紀や墓や平和や戦争や
太郎とかチンポムとか作品とかいった名前の概念や
善や悪や数字や社会や倫理があるという必然や
その全てを生むなと言いたい

そんな矛盾からこそ生まれる芸術が
結局何もわからない生き物の本音であることを
心の底から願いながら

僕たちは
ゴミにも神にも石にもなって
何が言いたいのかまるでわからない
骨をじっと見続けている

Chim↑Pom 2013

『太郎発掘』

展示期間:2012年10月31日~2013年3月24日

岡本太郎には長らく行方不明になっている絵画が少なからずある。
写真が残っているのに、作品がない。
美術展への出品記録があるのに、現物がない。
なんの手がかりも残さず、神隠しのように忽然と姿を消したと思われてきた。

しかし“消えた”わけではなかった。
近年の調査で徐々に事情がわかってきた。
多くは太郎自身の手で描き変えられていたのだ。
調整や修正といったレベルではなく、まったくの別物に見えるほど大きく姿を変えていたために、それとはわからなかったのである。

1940~50年代の初期作品をはじめ貴重な絵画の数々が、こうして失われていった。
しかもそれと引き換えに残された作品は、いずれも荒っぽい仕上がりで、完成度も低い。
はっきりいえば、駄作といわれても仕方のないものばかりだ。
そのままにしておいて欲しかった。ぼくは素直にそう思う。
それにしても太郎はなぜこんなことをしたのだろう。
消された作品には共通性がないし、消去すべき理由も見当たらない。
そもそも展覧会に出品するほどの自信作だったはずではないか。
いくら考えてもわからない。

ひとつだけ確かなことは、太郎の貴重な作品が目の前に埋もれているという事実だ。
それをこの目で見てみたい。単純にそう思った。
地下に埋もれた作品を掘り起こし、ふたたび光をあてる。
まさに発掘である。

もちろん当時の写真をもとにCGで再現する手もあった。
だがそれでは臨場感がないし、空気感が伝わらない。やはり油絵は油絵として見たい。
そこで失われた作品を5点選び、新たに油彩を描き起こした。

作家本人が消し去ったものを、勝手に晒していいのか。
そうした批判もあるだろう。それは覚悟の上だ。

「いちど社会に送り出された作品は、もはや作家のものではない。それは皆さんのものだ」
岡本太郎はよくそう言っていた。

失われてしまった〝ぼくたちの作品〟に出合うことで、岡本太郎の実像にわずかでも近づきたい。
そう願いながらこの展覧会をつくった。

『岡本太郎・布と遊ぶ』

展示期間:2012年6月27日~2012年10月28日

1951年、岡本太郎は美貌のファッションモデルの左胸に、絵具で真っ赤に染めた自分の手を押しつけた。純白のイヴニングドレスが次々と手形で彩られていく。ドレスという実用物がオブジェとしての芸術になった。岡本芸術がデザインとであった瞬間だった。

テキスタイルに興味をもった太郎は、以来、布と遊ぶようになる。振り袖、帯、ゆかた、スカーフ、ハンカチ、ネクタイ…、はては絨毯や鯉のぼりまで、デザインのフィールドはどんどん広がっていった。

「もう額縁入りの芸術の時代ではない。生活環境そのものが芸術でなければならない。チンマリした固定観念、おていさいから離れて、濃くいろどられた自由なイマジネーション。その喜びをふんだんに生活に取り入れてほしい」

本展では布と遊ぶ太郎をご覧いただこうと思う。
芸術とは額縁に入れてありがたいと拝むようなものではない。なんでもない暮らしの中に息づくべきものだ。そう考えた岡本太郎の芸術観が腑に落ちると思う。

第15回岡本太郎現代芸術賞受賞作家作品展示
会期中には今年第15回岡本太郎現代芸術賞の「岡本敏子賞」を受賞した千葉和成と、「岡本太郎賞」受賞の関口光太郎の新作が登場しました。

『岡本太郎の50年』

展示期間:2012年2月29日~2012年6月24日

1946年6月に中国での捕虜生活から帰還した岡本太郎は、11月に上野毛にアトリエを構え、活動再開の準備を整えます。それから50年。1996年に亡くなるまで、太郎が創作の手を休めることはありませんでした。

生誕100年を超えて新たな世紀を迎えたいま、あらためて岡本太郎の50年を肌で感じたい。それが企画の動機です。本展では、戦後日本における 第一弾作品と思われる記念碑的な『電撃』(1947年)から、死の間際まで描かれていた絶筆『雷人』(1996年)まで、絵画作品を通して岡本芸術の歩み を概観します。
50年の間になにが変わり、なにが変わっていないのか、それぞれに発見があることでしょう。

あわせて貴重な映像資料を満載したドキュメンタリー映像『岡本太郎』もご覧いただきます。昨年10月に開催した生誕100年イベント「Roll Over TARO!」において一日限りで上映されたもので、当館が独自に企画した作品です。

インターネット特別割引券

Taro Okamoto Memorial Museum