第24回 敏子賞受賞者特別展示

2022年6月8日(水)〜2022年6月27日(月)

岡本太郎現代芸術賞受賞作家 新作特別展示 モリソン小林 『根っこだ、伸びろ! 』

 

 

 

「私はある時、岡本太郎の絵画を眺めていると、

根っこが一本生えているのに気がついた。

初めは気のせいかと思ったが、

他のあらゆる作品からも無数の根が伸びているのが見えるようになった。

その根は地中へと伸び、大地から養分を吸い上げているようだ。

なるほどこれが太郎の作品がエネルギーを放ち続ける理由に違いないと思ったが、

それだけではなかった。

あろうことか新しい芽が伸び、ツルとなって空に向かって伸びているではないか。

 

私は、新しい命や思想を生み出し続ける岡本太郎の不思議なパワーに迫りたい」

 

モリソン小林 (岡本太郎現代芸術賞 2020年度岡本敏子賞)

 

プロフィール


モリソン小林(MORISON Kobayashi)

 

1969年神奈川県出身。多摩美術大学卒業。

「自然との共生と物質の循環」をテーマに、

登山による実地観察を基にした植物の全身標本を、

鉄を主体とした金属で制作し発表している。

近年では、岡本敏子賞を受賞したインスタレーションのように、

物と物との間に存在する関わりやつながり、

生命や思想などの見えない宇宙を、

根っこやツルなどで有機的に表現する作品にも取り組んでいる。