• 下手のほうがいいんだ。笑い出すほど不器用だったら、それはかえって楽しいじゃないか。
  • いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。
  • 自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。
  • きみはあなた自身を創造していると思いなさい。

10:00~18:00(最終入館17:30)

年末年始・火曜日休館(祝日の場合は開館)

企画展 2020年9月30日(水)〜2021年1月31日(日)

対峙する眼

岡本太郎は“洋画家”としてキャリアをスタートさせたけれど、絵の内容は普通の洋画家とは大きく異なるものでした。風景画、人物画、静物画、裸婦画……など、一般的な西洋画題をまったく描いていないからです。
 ではいったい太郎はなにを描いていたのか? 残念ながら、それがなにを表しているのかは、絵を見ただけではわかりません。ただ、ひとつだけはっきりしていることがあります。「眼」です。太郎の絵にはかならず眼が描かれている。しかも多くは複数の眼です。

WHAT’S NEW